読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「糸悸折々、色織々の七十二候」第五十一候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

こんばんは。
昨日は初出展の芦原橋アップマーケット、お越し頂きましたお客さま
誠にありがとうございました。
ハッピーでピースフルな安らぎを感じられる雰囲気の中、
時折音楽と太鼓のリズムにたゆたいながら、
あたらしく saredo -されど- を知って頂いたお客さまや、
たくさんのお客さまとの嬉しい再会、出会いに恵まれた一日でした。
アップマーケットのFB や 僕たちの instagram 等での投稿を見て
お越し頂いたお客さまも居られ、有り難かったです。
juju-baba さん、みっちゃんさん始め、皆さまありがとうございました〜!

また出展する機会があれば申し込みさせて頂けたらと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

マーケットでの出展はこんな感じでした。

https://instagram.com/p/89gxyfPjvy/

太鼓集団 怒の太鼓と共にスタートしました、芦原橋アップマーケット。朝からテンションRISE UP(ライザップ)、ムキムキではない二人でお待ちしております♪#芦原橋アップマーケット#saredo#されど#わたの和rin輪cottonプロジェクト

前日土曜日は、朝から少し仕事&出展の準備をしてから 38_Field. へ。
いつも道明寺天満宮手づくりの市でお世話になっている宮井美咲さんの展示会、
product by 38_WORKS. 2015-16 W/S 服の展示会 at 38_Field. へ。

月草sousow さんが採集した植物により、本当にField.となった会場で

f:id:saredo-watanowa:20151019073832j:plain


光の音と服の声

f:id:saredo-watanowa:20151019073848j:plain


humming bird さんのスペシャルデザート&クッキーと

f:id:saredo-watanowa:20151019073904j:plain


HIYOKO COFFEE さんの「秋の山小屋ブレンド(深煎り)」コーヒー を

f:id:saredo-watanowa:20151019073919j:plain


味わいながら、市への出展や自分たちの活動を通じて知り合うことが出来た
たくさんの方々と楽しくお話ししながら

f:id:saredo-watanowa:20151019073959j:plain

小屋の外と中が一体化した風景に暮れ行く秋のホスピタリティを感じました。

個人的には久しぶりに HIYOKO COFFEE の潔さんとお話し出来たことと
キトキのまさきさんのアキレス腱断裂事故?(早く良くなってくださいね)の
お話しの中で潔さんがお笑いコンビバンビーノの名前を知ってはったことが
お茶目、と言うかちょっと嬉しい意外な一面を見れた気がした一日でした(笑)。

そして実は僕もその時いただいたイカすシャツでこっそりデビュー、
コットンとヘンプの生地の絶妙のハリ感と毛羽感、着丈と襟の形が
お気に入りです♪

https://instagram.com/p/894zgZvjon/

イカすシャツ着た塩谷さんと記念撮影♪くつしたお買い上げありがとうございます!ソルトバレイ会場にも是非お立ち寄りくださいませ~(^o^)/ #芦原橋アップマーケット#saltvalley#ソルトバレイ


帰ってまた翌日の準備をしてから中学時代の同窓会へ。
去年に続いての男盛&女子たちとの久しぶりの再会に酔ひしれて。

f:id:saredo-watanowa:20151019203411j:plain


男子も女子も顔を赤らめ上機嫌?こんな馬鹿出来るのも中学時代を共に過ごしたから?
まさかの僕たち夫婦の同級生同士がママ友だったと言う驚愕の事実も発覚!

f:id:saredo-watanowa:20151019203427j:plain


ほんと懐か楽しい一夜でした。幹事のPム、みんなありがとう!また誘ってね〜。


f:id:saredo-watanowa:20151019074055j:plain

と言うことで今回の写真はアップマーケットの僕たち saredo -されど- の
出展ブース裏にて。

蟋蟀と書いてキリギリスともコオロギとも読みます。古くはコオロギは秋に鳴く
虫の総称でした。蟋蟀(しゅしゅつ)と読むとその意味でのこおろぎを指し?
コオロギのことを昔キリギリスと呼びました。
なんだか頭が混乱しそうになりますが(笑)、この候のキリギリスとは
コオロギを初めとする秋に鳴く虫全般が、戸口で鳴く時期を指すのでしょうね。

そんな虫たちが野から軒へ、そして戸口へと躍動し今にも飛び跳ねる瞬間を
Tortoise のグリーンと re-specked cotton のブラウンでイメージ。
アスファルトの路傍にもネコジャラシが秋色のブーケを届けに来ているのが
うれしくて。
当日は日焼けする位暑かったんですが、背中で小さい秋見つけた一日でした♪